プレミアムブラントゥース ホワイトニング

ホワイトニング以外の方法は全て気やすめです

 

ホワイトニング以外の方法は全て気やすめです

 

歯の色や白さが気になる方は、先ず歯の構造と、歯の色との関係について知っておく必要があります。

 

歯の構造は、一番外側にエナメル質があり、その内側に歯の本体とも言える象牙質があります。

 

象牙質の内側には歯髄と呼ばれる部分があり、ここには神経や血管が入り込んでいます。

 

エナメル質は無機物で出来ており、2〜3mmの厚さで透明です。

 

一方、象牙質にはコラーゲンなどの有機物が多少含まれているため完全な白ではなく、不透明で若干黄色味を帯びています。

 

すなわち、本来の歯の色は、透明なエナメル質を通して見えている象牙質の色であり、決して真白ではありません。

 

さらに、長年の飲食により、エナメル質の表面や内部に着色物質が付着したり浸透して歯の色は段々とくすんできます。

 

歯磨きなどのブラッシングでは、表面の着色は落とせても、エナメル質の中に浸み込んだ色素までは落すことが出来ません。

 

仮に落とせたとしても、本来の象牙質の色までは落とすことはできません。

 

このように表面的なブラッシングには限界があります。

 

ホワイトニングは、過酸化水素または過酸化尿素と呼ばれる強力な酸化剤を使って歯の表面は勿論、エナメル質の内部に浸み込んだ色素までも分解し無色化します。

 

さらに、これらの酸化剤には、エナメル質の表面構造を、光が乱反射し易いように変化させる効果があり、本来の象牙質の色が反映され難くなるのです。

 

ピンとこない方のために、もう少し分り易く例えて説明します。

 

普通の透明なガラスの後ろにある象牙質は黄色っぽく見えますが、スリガラスに換えると象牙質の色は見え難くなり、全体的に白くなります。

 

ホワイトニングには、透明なガラスをスリガラスに換えるのと同じ効果があります。

 

ここまでの説明で、ホワイトニング以外の方法が気やすめだと言うことがお分りいただけたかと思います。

 

 

ホワイトニングの種類とその方法

 

ホワイトニングは、過酸化水素などの酸化剤を使用するため、医療行為として歯科医院で医師によって、または医師の指導に基づいて行われます。

 

ホワイトニングには3種類の方法があります。

 

1つは歯科医院で医師が全ての処置を直に行うオフィスホワイトニングです。

 

もう1つは医師の指導の元に酸化剤による処置を自分が自宅で行うホームホワイトニングです。

 

さらに、この両者を併用したデゥアルホワイトニングがあります。

 

 

オフィスホワイトニング

 

オフィスホワイトニング

 

オフィスホワイトニングでは、高濃度の過酸化水素がホワイトニング剤として使用されています。

 

過酸化水素は、光を照射することで分解して活性酸素を発生します。活性酸素はエナメル質の中まで浸透し、歯のくすみの原因となっている色素を分解して歯本来の白さ、あるいはホワイトニング剤のスリガラス効果によって、それ以上の白さを実現させます。

 

ホワイトニング剤には、過酸化水素が歯の表面で長時間反応できるようにするため、粘り気のある増粘剤が添加されています。

 

また、光触媒が使用されることもあります。ホワイトニングに要する時間は、光照射に使用する光源の出力によって多少異なりますが1時間程度です。

 

 

オフィスホワイトニングの一般的な手順

 

 

@カウンセリングと歯のチェック

 

実施されるホワイトニングについて、その方法、期待される効果、予想される副作用などが医師から患者に説明がされ、治療に関して医師と患者とのコンセンサスが図られます。

 

また、この際、患者の歯や歯茎の状態がチェックされ、虫歯や歯周病の有無が確認されます。

 

虫歯があるとホワイトニングができない場合があるので、治療が必要になります。

 

さらに、シェードガイドと呼ばれる歯の色見本を使って、患者の治療前の歯の色調(色合いや明るさ)が判定されます。

 

このときの結果と、治療後の色調を比較して、ホワイトニングの効果が確認されます。必要に応じ口腔内の写真が撮影されます。

 

 

A歯のクリーニング

 

ホワイトニングを開始する前に歯のクリーニングが行われます。

 

このクリーニングでは、カップ状の機器で歯を磨くPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)で、普段の歯磨きでは取れない歯の表面の汚れの除去や、専用機器で歯石を除去するスケーリングなどが行われます。

 

PMTCを行った後は、口の中が敏感になるため、ホワイトニングは1〜2週間ほどしてから実施されます。

 

 

B開口器の装着と歯肉の保護

 

ホワイトニングで使用される薬剤は、劇薬に位置付けられており、治療中に歯肉に直接付着しないように、露呈している歯肉部分にゲル状の歯肉保護剤が塗布されます。次に、光を照射して保護剤を硬化させ、これによって歯肉部分が保護されます。

 

 

Cホワイトニング処置

 

歯茎に付着しないように歯にホワイトニング剤が塗布され、眼を保護するためのサングラスを装着します。所定の時間光が照射され、ホワイトニングの処置が行われます。

 

ホワイトニング剤を拭き取り、再度、ホワイトニング剤が歯に塗布され光が照射されます。

 

この処置が数回繰り返されます。最後に、開口器と歯肉の保護剤が外され、ホワイトニング剤を水でよく洗い流し1回の治療が終了します。

 

効果の状況によって、この治療が1周間隔で2〜3回繰り返されます。

 

 

D治療効果の判定

 

治療開始前にシェードガイドで判定された結果と、治療後の結果が比較され、治療の効果が確認されます。

 

シェードガイドは、ドイツのVITA社製のものが広く普及しているようです。このシェードガイドは、明度順に16の段階が設けられており、1回の治療で上げられる段階は、システムで使用されている光源の威力によって異なりますが、強力な光源が使われている場合は8〜10段階で、弱い場合には2〜3段階といったところです。

 

1回の治療で急激に明度を上げると、痛みや知覚過敏といった副作用のリスクが高まります。治療に際しては、カウンセリングのときに医師とよく相談しましょう。

 

 

ホームホワイトニング

 

ホームホワイトニング

 

ホームホワイトニングでは、ホワイトニング剤を使った処置を、自分自身が自宅で行います。医師によるカウンセリングや、事前の歯のクリーニング、およびホワイトニングによる効果の確認は、歯科医院に通院して行われます。

 

ホームホワイトニングでホワイトニング剤として使用される過酸化尿素は、唾液中の水分や体温によって分解され、過酸化水素を発生します。

 

ホームホワイトニングで使用されている過酸化尿素は、オフィスホワイトニングで使用されている過酸化水素に換算すると約1/10と低濃度です。

 

したがって、ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングに比べてより緩和な処置と言えます。

 

また、自宅での処置となるため、過酸化水素から活性酸素の発生を促進させるための光照射も行わないので、さらに緩和と言えます。

 

オフィスホワイトニングとのもう1つの相違点は、ホワイトニング剤を注入し歯に装着して処置を行うための、自分専用のマウストレー(マウスピース)が予め歯科医院で渡されることです。

 

処置時間は1回2時間程度で、これを約2週間継続して行った後、歯科医院で結果の確認を行います。

 

 

ホームホワイトニングの一般的な手順

 

 

@カウンセリングと歯のチェック、およびA歯のクリーニングまでは、オフィスホワイトニングの一般的な手順と同じです。

 

Bマウストレーの作製

 

歯科医院で歯型が採取され、この歯型から専用のマウストレーが作製されます。

 

歯形の採取からマウストレーの引き渡しまでの期間は約1週間です。通常は、マウストレーの引き渡し時にホワイトニング剤が渡され、使用方法の詳細が説明されます。

 

 

Cホワイトニング処置

 

マウストレーにホワイトニング剤を注入し、鏡で確認しながら歯に装着します。マウストレーからはみ出たホワイトニング剤はティッシュなどで拭き取ります。

 

医師より指示された時間が経過したらマウストレーを外し、歯に付着しているホワイトニング剤を水でよく洗い流します。

 

次に、知覚過敏予防効果のある硝酸カリウム配合のペーストなどで歯をブラッシングします。

 

この処置を1日1回、1〜2週間継続して行います。

 

使用したマウストレーは水でよく洗った後、水を拭き取りケース内に保管します。ホワイトニング剤は、次に使用するまで冷蔵庫に保存します。

 

 

D治療効果の判定

 

ホームホワイトニングでは、オフィスホワイトニングに比べて非常に緩和な条件で処置を行うため、ある程度の効果が得られるまでには多少の期間がかかります。

 

通常は1日2時間を最低でも2週間継続する必要があります。

 

満足できる白さが得られるまでには、1〜2ヶ月、あるいはそれ以上を要することもあります。

 

短期間で白さアップを実感できるオフィスホワイトニングと異なり、地道に白さアップを図る必要があります。

 

しかし、ホームホワイトニングの方がより透明感のある自然な白さが得られ、さらに、この状態がより長く維持されます。

 

 

デュアルホワイトニング

 

オフィスホワイトニングやホームホワイトニングの白さではまだ不十分と満足できない方のためには、デュアルホワイトニングがあります。

 

 

デゥアルホワイトニングの一般的な手順

 

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用しているので、それぞれの手順は、各ホワイトニングの一般的な手順に記載した通りです。

 

また、使用されるホワイトニング剤も基本的には同じものです。

 

ただ、二つのホワイトニングをどのような順番で、どのような間隔で行っていくかは、治療を開始する前のカウンセリングのときに、医師とよく相談してコンセンサスを得ておくことが重要です。

 

通常は、最初にオフィスホワイトニングを行い、24時間以上の間隔をあけた後にホームホワイトニングが行われます。

 

これは導入時の一般的な流れですが、この後、どのタイミングでオフィスホワイトニングを何回行い、ホームホワイトニングをどれくらいの期間継続するかは、患者の歯の状態や白さに対する要望と達成期間、および生活のサイクルなどを総合的に勘案して決定されます。

 

 

デュアルホワイトニングで期待できる歯の白さ

 

VITAのシェードガイドでは、歯の白さを16段階に分けて表していますが、日本人の場合は通常10番目ぐらいの白さとされています。

 

オフィスホワイトニングでは最大4番目辺りが限界ですが、デュアルホワイトニングとホームホワイトニングでは最高の1番目の白さも可能であるとされています。ただし、ホームホワイトニングの場合は、白くなるまでに多少時間を要します。

 

 

ホワイトニングのメリットとデメリット

ホワイトニングでも、前処置として歯のクリーニングが行われますが、ホワイトニングとクリーニングの決定的な違いがお分りいただけたかと思います。

 

ホワイトニングは、本来の歯の白さ以上の白さを実現することが期待できます。

 

元々黄色人種は、白人や黒人に比べて歯の色が黄色い人種です。

 

これはエナメル質の厚さの違いによるためと言われています。

 

ホワトイニングはこの人種間を卓越して歯の白さを追求することが可能な方法と言えます。

 

しかし、その反面、ホワイトニングは医療行為であるため、歯科医院でなければ受けられないといった煩わしさと、保険適用外の治療であるため、比較的費用が掛かるなどのデメリットがあります。

 

さらに、漂白のために酸化剤が使用されるので、その刺激による知覚過敏の副作用が懸念されます。普通は医師の下で正しく処置されれば安全な方法ですし、処置を中断すれば知覚過敏は通常治まると言われています。

 

もしあなたが、歯の色のことで悩んでいるのでしたら、一度、歯科医師に相談してみてはいかがでしょうか。

 

私のお勧めは、処置条件が緩和で知覚過敏が出難く、自宅で気楽にできるホームホワイトニングです。

 

「ニカッとした瞬間、口元にキラッと光る白い歯って魅力的」

 


プレミアムブラントゥーストップへ

プレミアムブラントゥース←トップ記事

プレミアムブラントゥースの口コミや評判を検証。
公式販売店がアマゾンや楽天より値段が安い訳、また驚きの効果など、プレミアムブラントゥースの事を徹底的に説明。