プレミアムブラントゥース セルフホワイトニング

家庭で歯を白くするセルフホワイトニング

 

家庭で歯を白くするセルフホワイトニング

 

歯を白くするには、歯科医院やエステサロンなどプロの手によってホワイトニングなどを行う方法がありますが、家庭でできる方法とは何か知りたいですよね。

 

それでは、代表的なものをまとめてみましょう。

 

 

汚れを削るとることと漂白

 

歯の黄ばみの原因は何でしょうか。

 

一つは、食事やタバコなどによるエナメル質表面の汚れです。これは、歯磨きなど、物理的に汚れを削り落とす必要があります。

 

もう一つは、エナメル質内部に沈着した色、象牙質の着色です。これは、過酸化水素や過酸化尿素を使ったホワイトニングを行う必要があります。

 

 

1 汚れを削るとる方法

 

最も一般的なのが、歯磨き粉を使って汚れを落とすことです。

 

最近の歯磨き粉には、研磨剤が入っているのがたくさんあります。また、さらに、汚れを浮かせるような補助成分が入ったものも増えてきました。

 

ただし、あまり強く磨きすぎると、エナメル質を傷めることもありますので、注意しましょう。

 

歯磨きのほかには、歯の消しゴムを使う方法があります。歯磨き粉に含まれる研磨成分を凝縮した歯をきれいにするためにつくられた消しゴムで、イメージとしては、掃除をするときによく使うメラミンのスポンジを想像してもらえばいいかと思います。

 

プロにお願いするとしたら、まずは歯科医院でしょう。

 

歯科医院では、歯垢・歯石を除去することが、歯をきれいにするための治療の最も代表的なものではないでしょうか。

 

歯石除去のほかにも、歯を掃除するやり方や使う器具はまだまだありますので、お近くの歯科医院を調べてみてください。

 

エステサロンでも歯のクリーニングをやってます。エステサロンでは、銃創やポリリン酸という薬剤を使って歯の表面の汚れを落とすという施術を行うことが多いようです。

 

 

2 薬剤で漂白する方法

 

歯科医院では、高濃度の過酸化水素を使うホワイトニングを行うことによって、短期間で歯を白くします。

 

医科医院によって、使う器具や手順は違う場合がありますが、過酸化水素を使うホワイトニングという基本は同じです。

 

最近では光触媒を薬剤に混ぜて、LEDなどの光を当てることで反応を促進するという手法が主流となっているようです。

 

家庭では、歯科医院で型を取って作成したマウスピースに低濃度の過酸化尿素を入れて使うホワイトニングが行われています。

 

高濃度の過酸化水素は取り扱いが難しいので、家庭では、低濃度の過酸化尿素を使います。

 

そのほかには、日本では販売されていないようですが、過酸化水素をしみこませたホワイトニングテープというものがあり、そのテープで歯を包んでホワイトニングを行う方法があります。

 

 

家庭で歯を白くする方法

 

前述のとおり、歯を白くするための方法はいくつかあり、歯科医院やエステサロンで利用する方法と、家庭で自らが行う方法があります。

 

プロにお願いすると短期間で効果が現われることが多いですが、やはり費用が掛かります。

 

家庭で、自分でやってみると、すぐには結果が出ないかもしれませんが、費用は少し安く抑えられるでしょう。

 

いずれにせよ、歯を白くするための基本は歯磨きでしょう。1日3回正しくブラッシングすることで、ある程度白さは保てます。

 

それに何をプラスするかは、歯磨き粉などいろいろと調べて試してください。

 


プレミアムブラントゥーストップへ

プレミアムブラントゥース←トップ記事

プレミアムブラントゥースの口コミや評判を検証。
公式販売店がアマゾンや楽天より値段が安い訳、また驚きの効果など、プレミアムブラントゥースの事を徹底的に説明。