プレミアムブラントゥース 歯磨き

正しい歯磨きのために押さえたいポイント3つ

 

プレミアムブラントゥースでケアそして正しい歯磨き

 

毎日行う歯磨き。

 

あなたは正しく歯磨きができている自信がありますか?

 

磨き残しはありませんか?実は、間違った歯磨きをしている方が意外に多いのです。

 

ここでは、正しい歯磨きのために押さえたいポイントを3つご紹介。今後の歯磨きにお役立てくださいね。

 

 

ポイント@食後すぐ磨くのはNG!

 

ランチタイム後の女子トイレは、歯磨きをする女性でたくさんになります。

 

とてもいい習慣なのですが…実は、食後すぐの歯磨きは歯を傷つけてしまう恐れがあるため、NGなんです。

 

食後は口の中が酸性の状態になっていて、エナメル質も柔らかくなっています。

 

その状態で歯を磨いてしまうと、エナメル質を傷つけてしまう恐れがあり、虫歯や知覚過敏を引き起こす可能性も高くなるとのこと。

 

エナメル質を傷つけないようにするには、食後30分ほど経ってからの歯磨きがおすすめです。

 

 

ポイントA歯垢が溜まりやすい場所をチェック!

 

歯垢が溜まりやすい場所をしっかりと磨かないと、歯石や黄ばみ、口臭の原因となるだけでなく、虫歯や歯周病を引き起こしてしまうことも…。

 

歯垢が溜まりやすい場所は念入りに磨くようにしましょう。

 

  • 歯と歯の間
  • 歯と歯肉のすきま
  • 奥歯のかみ合わせ部分

 

上記3点が、歯垢や食べかすが溜まりやすい場所です。

 

しかし、通常の歯磨きだけでは、歯垢は7〜8割しか取り除けないと言われています。

 

しっかりと歯垢を取り除くためには、定期的に歯医者に通い歯石除去を受ける・歯冠ブラシやフロスを使ってケアをしてあげるなどの対策も必要になってきます。

 

 

ポイントB歯ブラシの選び方はそれで大丈夫?

 

しっかり磨いた感覚が欲しい、とかための歯ブラシを選んでいる方も多いのでは?

 

しかし、かための歯ブラシで、力を入れてゴシゴシと歯を磨くと、歯のエナメル質だけでなく、歯肉も傷つけてしまう恐れがあります。

 

歯肉が傷ついてしまうと、歯肉炎から歯周病になってしまうことも。

 

力を入れて歯を磨くクセのある方は、かための歯ブラシを使うのは控えましょう。

 

やわらかめ・ふつうの歯ブラシで、優しく磨いてあげるのが、歯のエナメル質・歯肉を傷つけない歯磨きのポイントです。

 

 

正しい歯磨きが、白い歯や健康な口内を保つ

 

正しい歯磨きのためのポイントを3つご紹介しました。あなたは、正しい歯磨きができていたでしょうか?

 

歯磨きって毎日行うものですが、時間がないときなどは、どうしても雑になりがち。

 

しかし、毎日の歯磨きが、あなたの白い歯や健康な口内を保っているのです。

 

年を重ねても自分の歯でご飯を食べれるように、正しい歯磨きでケアをしてあげてくださいね。

 


プレミアムブラントゥーストップへ

プレミアムブラントゥース←トップ記事

プレミアムブラントゥースの口コミや評判を検証。
公式販売店がアマゾンや楽天より値段が安い訳、また驚きの効果など、プレミアムブラントゥースの事を徹底的に説明。